FC2ブログ

  

IMGP5620 (350x262)

IMGP5609 (350x263)

IMGP5618 (300x225)


何にも聞きたくないし、言いたくなくなり

これはあかんと思いながら、二ヶ月も経ってしまいました。

特に原因はない というか

覚えていません。

一体何をしてたのかと考えてみると

仕事と家事(必要最低限)しかしていませんでした。


最近、殺伐とした気分で仕事をしているのですが

通勤の途中、畑で自分より大きな雉を狙っている黒猫を見たときや

真っ暗な帰り道、道の両側の田んぼから聞こえる蛙の大合唱に

癒されています。


実は、同じような癒しを感じるお客さんがいます。

その人は背の低い若い男の人で、いつもひっそりした閉店間際に来られ

毎週同じ汚れたワイシャツとスーツを出されます。

なぜか非常にオドオドしていて、目を合わせません。

私の何かが怖いんでしょうか。人が怖いんでしょうか。

会員証も引き取り伝票も、いつも持ってこられません。

お聞きすると、ええと と本当に困った顔をされます。

その人の服からはけもののような匂いがして

犬を飼ってるのかな?とはじめは思っていたのですが

犬の毛は付いていないのでそうではないようです。

お名前に動物の名前が入っています。

以上を総合し

このお客さんは、動物が人間の姿をしているんじゃないかという

妄想を止められないのです。

そしてそんな考えは、失礼にも程があるので誰にも言っていません。

このお客さんが来られると

何故だか優しい気持ちになることに、最近気が付きました。

スポンサーサイト



Posted on 13:50 [edit]

category: 無題

tb: --   cm: 6

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク